プロペシアをやめてよかった人

プロペシアをやめてよかった人におすすめの治療法

プロペシアをやめてよかった人におすすめの治療法

プロペシアをやめてよかった人

ネットでは「プロペシア やめてよかった」と、数多く検索されています。

しかし、プロペシアを途中でやめると、抜け毛が再び進行!



では、数多く検索されている「プロペシア やめてよかった」とは、どのような意味なのか。

徹底調査でわかった「プロペシア やめてよかった」の真意とは!

また、プロペシアをやめた人にはプロペシアに代わるおすすめの治療法を紹介。


このページに書かれていること・わかること

プロペシアをやめてよかった人

プロペシアをやめた人におすすめの治療法(副作用・妊活でやめた場合)

プロペシアをやめた人におすすめの治療法(プロペシアが効かない・買えない場合)

プロペシアの真実

プロペシアとは?


プロペシアをやめてよかった人


まず、プロペシアは、乱れたヘアサイクルを整え、髪の毛が生える環境を整えるAGA治療薬。

プロペシアによって、正常に戻ったヘアサイクルも、プロペシアをやめると、ふたたび乱れ始めます。

プロペシアで効果が現れた人は「プロペシア やめてよかった」とはならない。

そこで、プロペシアを使った結果、起こりうる事例から、4つをピックアップ。


[1]身体に副作用の症状が現れた場合

プロペシア(フィナステリド)の副作用として、生殖器では、リビドー減退/1~5%未満、勃起機能不全、射精障害、精液量減少/1%未満、そして、頻度不明になると、さらに多くの副作用が報告されています。

プロペシアの副作用の発現率は、低いものの、これらの症状が、顕著な場合は「プロペシア やめてよかった」いえ、プロペシアをやめなければなりません。

その場合、副作用の心配が少ない、AGA治療薬と同等の治療薬などをおすすめします。

プロペシアをやめてよかった人におすすめの治療法


[2]妊娠中または可能性のある場合・妊活中の場合

プロペシア(フィナステリド)については、妊娠中の女性では男の胎児の生殖器に異常を起こすおそれがあることが米国FDAの公表する注意事項に掲載されています。

男の子を妊娠している女性の体内にプロペシアの有効成分が入ると、それが口から入った場合であっても、皮膚に付着して吸収された場合であっても、男の子の生殖器に異常を起こすおそれがあります。妊娠中の女性がプロペシアの有効成分に触れてしまった時には、医師に相談して下さい。

プロペシアの錠剤はコーティングされていますので、砕けたり割れたりしない限り、通常の取扱いで有効成分に触れることはありません。

また、可能性は低いのですが、「男の胎児の生殖器に異常を起こすおそれ」があるため、妊活中の男性はプロペシア(フィナステリド)の服用は控えたほうがよいでしょう。

この場合、プロペシアをやめた後、最低3ヵ月間は、妊活を控えます。

やはり「妊娠中または可能性のある場合・妊活中の場合」は、「プロペシア やめてよかった」ケースといえます。

この場合も、副作用のケースと同様にAGA治療薬と同等の治療薬などをおすすめします。

プロペシアをやめてよかった人におすすめの治療法


[3]高額な治療費用を支払えない場合

プロペシア(フィナステリド)は、保険適用外なので、非常に高額です。

この場合も、一般的には「プロペシア やめてよかった」人といえます。

しかし、国産のプロペシアのジェネリック薬品を代用すれば、治療費を抑えられます。

また、海外のプロペシアのジェネリック薬品を代用することで、月額1,000円以内の治療が可能。

この金額で、脱毛を抑制できるのであれば、あえて、プロペシアをやめる必要なないと思います。

この場合は、プロペシアをジェネリック医薬品に変えることで、問題が回避できます。

プロペシアが効かなかった人、買うお金がない人におすすめの治療法


[4]プロペシアの効果が現れない場合

この場合も、「プロペシア やめてよかった」と、言わざるを得ません。

しかし、薄毛治療の効果は、すぐに現れるものではありません。

やはり、プロペシア(フィナステリド)は、最低でも6ヵ月間は服用してください。※理想的には1年間継続

それでも、効果が感じられない場合「ザガーロ」(デュタステリド)を試してみませんか?

この、デュタステリドは、プロペシアより、強力な発毛効果が確認されております。

しかし、国外のプロペシアのジェネリックより、3倍ほどお高くなります。

ですが、プロペシアよりも高い効果が期待できることを考えると、一度試してみる価値は十分にあります。


この場合も、薄毛治療薬を「プロペシア/フィナステリド」から「ザガーロ/デュタステリド」に変えることで、問題の回避が可能といえます。

プロペシアが効かなかった人、買うお金がない人におすすめの治療法


プロペシアをやめてよかった人におすすめの治療法

パートナーが妊娠中または妊活中の場合と副作用が原因でプロペシアをやめた場合、薄毛治療は諦めなければならないのでしょうか?

その答えは、「ノー」です。

プロペシアと同等の効果が期待でき、妊活中の方や、副作用が気になる人のための治療法があります。



女性は、フィナステリドの服用はおろか、 触ることさえ厳禁

その、女性が利用できるで

妊活中の男性でも安心。




プロペシア(フィナステリド)に比べ、効果は緩やかですが、代替品としては期待大。

プロペシアに代わる育毛剤・内服薬
内服薬/女性用の薄毛対策薬の代名詞といえばスピロノラクトン。薄毛の原因である、酵素を阻害してテストステロンがジヒドロテストステロンへ変化するのを防ぐので、FAGA治療に有効とされています。国内のクリニックの推奨する1日の摂取量は、25mg~100mg
育毛剤/有効成分アルファトラジオールが、抜け毛の原因となる男性ホルモンから生成されるジヒドロテストステロンの産生を抑制することで抜け毛を抑えます。
育毛剤/有効成分アルファトラジオールが、抜け毛の原因となる男性ホルモンから生成されるジヒドロテストステロンの産生を抑制することで抜け毛を抑えます。

個人輸入で入手可能な育毛剤・治療薬です。興味がある方は自ら商品を検索して購入してください。


プロペシアが効かなかった人、買うお金がない人におすすめの治療法

副作用や妊活中の方以外の理由でプロペシアをやめなければならない人のための治療法を紹介。



プロペシアが高額で買えない人は個人輸入がおすすめ
シプラ社/フィナステリド1mg
インタス ファーマ社/フィナステリド1mg
ロイドラボラトリーズ社/フィナステリド1mg


プロペシアが効かない人へはさらに強力な治療薬がおすすめ
シプラ社/デュタステリド0.5mg
グラクソ スミスクライン社/デュタステリド0.5mg



安心感とコスパは世界でもトップクラス

フィンペシア1mg 100錠

フィンペシアは、ツゲイン10と同じ医薬品会社シプラ社の製品。

安心感とコスパは世界でもトップクラス。

今更語ることもはばかれる、海外のジェネリック医薬品としては、超有名なAGA治療薬。

まずは、ツゲイン10と併用で、薄毛治療の第一歩としませんか?

安心感とコスパは世界でもトップクラス

商品購入(個人輸入)方法

個人輸入代行サイトで、ご自身で「商品名」を検索して、商品を注文

フィンペシア

コスパ抜群のフィナステリドナンバー2

フィナロ1mg 100錠

フィナロはインド有数の医薬品メーカーであるインタス ファーマ社のAGA治療薬。

フィンペシアを追随する現在ナンバー2。

この製品も今更語るところのない、海外のジェネリック医薬品。

コスパ抜群のフィナステリドナンバー2

商品購入(個人輸入)方法

個人輸入代行サイトで、ご自身で「商品名」を検索して、商品を注文

フィナロ

グローバルな製薬会社の高品質フィナステリド

フィナロイド1mg 100錠

ロイドラボラトリーズ社は、フィリピン・ブラカン州に本拠地を置く製薬会社で、世界各国に拠点を構えるグローバル企業です。

世界的な製薬会社ということもあり、安心して、服用できるフィナステリドのひとつといえます。

プロペシアのジェネリック医薬品の中でも品質の高い製品として利用されています。

グローバルな製薬会社の高品質フィナステリド

商品購入(個人輸入)方法

個人輸入代行サイトで、ご自身で「商品名」を検索して、商品を注文

フィナロイド

フィナステリドを上回る発毛促進力 インドシプラ社の製品

デュプロスト0.5mg 100カプセル

デュプロストは、ツゲイン10と同じ、インドシプラ社の製品。

ザガーロと同等品のアボダートに並ぶほどの実力者。

安心安全、海外のジェネリック医薬品。

フィナステリドを上回る発毛促進力 インドシプラ社の製品

商品購入(個人輸入)方法

個人輸入代行サイトで、ご自身で「商品名」を検索して、商品を注文

デュプロスト

アボダートは先発医薬品ザガーロと同等の医薬品

アボダート0.5mg 100カプセル

ザガーロと同等品のアボダートの主成分デュタステリドは、日本で3番目に認可されたAGA治療薬。

フィナステリドを上回る発毛促進力が最大の特徴。

フィナステリドで今一つ、効果が感じられない人にぜひ試して欲しいこの一品。

デュタステリドの先発医薬品である、ザガーロと同じ、グラクソ スミスクライン社の医薬品。

信頼・安心・安全のデュタステリドナンバーワンAGA治療薬。

先発医薬品ザガーロと同等の医薬品

商品購入(個人輸入)方法

個人輸入代行サイトで、ご自身で「商品名」を検索して、商品を注文

アボダート

プロペシア(フィナステリド)の真実とは


まず、プロペシアとは、AGA治療薬の商品名です。

そして、プロペシアの主成分が「フィナステリド」です。

主な効果は、乱れたヘアサイクルを正常化して、毛髪が生えやすい環境を整えることです。

また、AGA治療は自由診療なので、治療費や処方される治療薬は、一般的に高額になります。

薄毛治療は、高額になりがちな治療費をできるだけ抑えて、長く続けるのがポイント。

やはり、薄毛よりは、生えているほうがモテますし、何をするにも自信が持てます。

フィナステリドの利用者としては、飲むだけで抜け毛を抑制できるなら、まず、やめる理由は見当たりません。

組成/プロペシア錠1mg
販売名
プロペシア錠1mg
有効成分
フィナステリド
分量
1mg
添加剤
結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコール酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ


プロペシア ジェネリック製造元
フィナステリド1mg/0.2mg
沢井製薬、リョートーファイン、マイランEPD、武田テバファーマ、小林化工、シオノケミカル、辰巳化学、東和薬品、富士化学工業、ファイザー、大興製薬


プロペシアの真実

プロペシアの真実
効能・効果
男性における男性型脱毛症の進行遅延
効能・効果に関する注意
他の脱毛症に対する適応はない/20歳未満での安全性及び有効性は未確立/女性に対する適応はない
用法及び用量
男性成人には、通常、フィナステリドとして、1日1mgを上限とする。
用法・用量に関する注意
3ヵ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、通常6ヵ月の連日投与が必要。また、効果を持続させるためには継続的に服用。なお、増量による効果の増強は、確認されていない。6ヵ月以上投与しても男性型脱毛症の進行遅延がみられない場合は投薬を中止。
副作用
頻度は不明だが、重篤な症状として肝機能障害がある。/生殖器:1~5%未満 リビドー減退/1%未満 勃起機能不全、射精障害、精液量減少/頻度が不明の副作用が多々ある。
半減期
約4時間
精液移行
フィナステリド1mgを1日1回6週間経口投与した時の精液中への移行量は極めて微量(投与量の0.00076%以下)。
臨床成績
投与前と比べ48週(約1年)で改善と判定されたのは、約60%。
備考
長期継続により、有効性を維持。/3年間の長期試験において、服用患者の98%がAGA(薄毛)の進行が認められませんでした。

プロペシア やめてよかった

ネットでは、「プロペシア やめてよかった」と、多く検索されています。

しかし、プロペシアをやめてしまうと、減った抜け毛が増え始め、元の状態へ戻ります。

そのことを考えると、プロペシアをやめてしまうのは、得策とは言えません。

薄毛に悩んだ末に、プロペシアを服用している方が、プロペシアをやめるには、それ相応の理由があるはず。

しかし、プロペシアをやめなければならない状況はあっても、「プロペシアをやめてよかった」とはいえません。

その、やめなければならない状況のひとつに、副作用があります。

重篤になるような副作用の発現率は、かなり低いといえますが、ゼロではありません。

ですが、医薬品は、何らかのリスクと引き換えに、そのリスク以上のメリットを得るためのもの。

私なら、薄毛で悩むより、もちろんプロペシアを選択します。

プロペシア購入

プロペシアの購入方法は、AGAオンライン診療で処方してもらうか、外来で処方してもらう方法が一般的です。プロペシアは権利が期限を迎えたので、国内の製薬メーカーのジェネリックが出回っており、安く処方してもらうことが可能です。

そしてもう一つは、個人輸入。

個人で直接、外国の業者と取引をするか、個人輸入代行に輸入手続きを代行してもらいます。

もちろん、個人輸入は合法です。

個人輸入代行サービスを利用したとしても合法です。

プロペシアは、病院やネットで診療を受け、処方してもらう方法と個人輸入で入手できます。


プロペシア 薬局で買える

プロペシアは、薬局では買えません。

医療機関で診察を受け、処方せんをもらい処方してもらうか、オンライン診療経由で、処方してもらいます。

プロペシア ミノキシジル

プロペシアは製品名で、有効成分は「フィナステリド」といいます。

もちろん、フィナステリドとミノキシジルは、働きや成分、効果も違います。

ミノキシジルは、発毛効果が唯一認められた成分であり、攻めのAGA治療薬。

そして、フィナステリドは、頭皮環境を整え、髪の毛が生えやすい環境を作る、守りのAGA治療薬。

この、二つの成分は、併用が可能。

攻守がそろって初めて、AGA治療の大きな効果が出るというもの。

攻めだけでも、守りだけでも思ったような効果は持続しません。

一つ付け加えておくと、フィナステリドと同等以上の効果をもたらす、デュタステリドという成分もあります。

この、デュタステリドは、フィナステリドで思ったような効果が得られない場合に利用されます。

しかし、値段は、フィナステリドより高額。

とはいっても、AGA治療薬として、日本で認可されたものは、「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュタステリド」の3つしかありませんので、フィナステリドが効かない場合は、デュタステリドに切り替える他はありません。

最後に、ミノキシジルが国から認可されているといっても、頭皮に直接塗る、外用薬のみです。

ミノキシジルの内服薬(通称ミノタブ)は、認可されていませんので、誤解の無いように。

プロペシア 副作用

プロペシアには、1%以上5%未満に性欲減退の副作用が発現するほか、1%未満に勃起機能不全、射精障害、精液量減少が発現する。

また、頻度は不明ながら、数多くの副作用が起こる可能性があります。

プロペシア個人輸入

プロペシアは、個人輸入業者を経由して、入手することが可能です。

もちろん、個人輸入は合法です。

しかし、個人輸入で入手した、無承認医薬品を転売することは、法律に違反します。

あくまでも個人利用が基本原則です。

ひとつ気を付けて欲しいのは、信頼のおける業者に依頼することです。

ネット上の個人輸入代行は、薬機法違反のサイトが少なくありません

以下に、違反の例を挙げます。

輸入代行業者は、無承認医薬品である商品のリストを不特定多数の者に示し、その輸 入の希望を募る。 (商品リストが無承認医薬品の広告に該当する場合、薬事法違反となる。 なお、商品名が伏せ字などであっても、当該商品の認知度、付随している写真等から総合的にみて広告に該当すると考えられる場合は、薬事法違反となる。)

要するに、個人輸入代行業者のホームページ上で、無承認医薬品の名前や写真を使って、医薬品の宣伝や効能や効果を謳って、商品購入へ導いてはいけません。

個人輸入代行業者のホームページで、個人輸入代行を依頼する場合は、直接、メールやSNSで問い合わせをしたり、商品検索窓に「商品名」や「成分名」を入力して、検索する必要があります

上記の条件を満たしたサイトが、薬機法に則った優良な個人輸入代行サービスといえます。

プロペシアジェネリック

プロペシアのジェネリックには、国産のものや外国産のものがあります。

日本でも、多くの製薬会社がジェネリック医薬品を製造しています。

やはり、AGA関連の治療薬は、需要が高く、参入するに値する市場といえます。

国産のプロペシアのジェネリック(フィナステリド)は、先発薬プロペシアの2/3程度の値段

そして、海外のジェネリックは、国産のジェネリックの1/5程度と、さらに破格の値段です

特に外国産のプロペシアのジェネリック医薬品は、コストパフォーマンスに優れ、数多くの製品があります。

その、外国産のジェネリックを買うには、まず、信頼のおける個人輸入代行サービスを選ぶことが大切。

そして、知名度がある製薬会社の安心安全な製品を買うことが最も重要といえます。

このように、最も安くプロペシア(フィナステリド)を入手する方法は、個人輸入という結果になりました。

プロペシア ジェネリック 効かない

日本の製薬会社のジェネリック医薬品は、プロペシアと同等かそれ以上の効果が期待できます。

今まで、プロペシアを服用していて、効果・結果が出ている場合は、効かないということはありません。

しかし、外国産の出所が不明瞭なジェネリックには、確かな保証は無いといえます。

また、プロペシアに即効性は期待できません。

やはり、ヘアサイクルが正常に戻るまでは、6ヵ月~1年は、かかります。

大前提として、プロペシアが、万人に効くわけではないので、そこは、ご理解頂きたい。

プロペシア(フィナステリド)とは

プロペシア (Propecia) = フィナステリド(Finasteride)は、アメリカメルク社が開発した抗アンドロゲン薬。2型5-α還元酵素を阻害して、男性ホルモンテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制する。高用量(5mg/day)で前立腺肥大症・前立腺癌に対して抑制的に作用する。Proscar等の商品名で海外で販売されているが、日本では前立腺の治療薬としては未承認。

男性型脱毛症(AGA)に対して脱毛抑制効果を認め、プロペシア(Propecia)の商品名で多くの国で発売されている。プロペシアの日本での特許は2015年に切れており、各社から後発品が発売されている。

用途

男性型脱毛症

DHTによる脱毛作用を抑止するものであり、決して発毛に作用する薬ではないが、臨床試験では服用者の多くにある程度の発毛が認められる。日本では2005年12月に万有製薬(現:MSD)から発売された。保険適応ではなく自費治療である。

海外では既に60か国以上で承認されている。男性型脱毛症の進行抑制としては、フィナステリドは、98%の人に3年間効果があった。髪が増えてくる人も多く、国内の臨床試験では半年で48%、1年で58%、2年では68%、3年で78%と髪が増える人が経時的に増えていった。

また髪が増えるだけでなく、髪の質(長さ、太さ)なども改善することも分かっている。頭頂部(頭のてっぺん)だけでなく、髪の毛の生え際などの前髪にも効果がある点も、従来の育毛剤とは異なる。0.2mgまたは1mg錠を1日1回服用する。なお、必要に応じて適宜増減できるが、1日1mgを上限とする。服用時間は自由である。

服用は成人の男性に限られる。女性、未成年は服用できない。女性に対して実施された臨床試験では、効果がないことが確認されている。アメリカ食品医薬品局 (FDA) が認めた男性型脱毛症(いわゆる、若ハゲ)に有効な薬は、このプロペシアとデュタステリド、ミノキシジル(商品名ロゲインなど)のみである。なお、男性型脱毛症以外の脱毛症(円形脱毛症など)には効果はない。

ウィキペディアより抜粋して引用

プロペシアの情報
製品名
プロペシア
内容量
1錠 1mg
有効成分
フィナステリド
製造元
オルガノン
効果・効能
男性における男性型脱毛症の進行遅延
用法・用量
男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与する。なお、必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とする。 女性、20才未満は使用しない
注意・その他
男性における男性型脱毛症のみの適応である。他の脱毛症に対する適応はない。
20歳未満での安全性及び有効性は確立されていない。
女性に対する適応はない。
3ヵ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ヵ月の連日投与が必要である。また、効果を持続させるためには継続的に服用すること。なお、増量による効果の増強は、確認されていない。
本剤を6ヵ月以上投与しても男性型脱毛症の進行遅延がみられない場合には投薬を中止すること。また、6ヵ月以上投与する場合であっても定期的に効果を確認し、継続投与の必要性について検討すること。
副作用
リビドー減退、勃起機能不全、射精障害、精液量減少など