ミノキシジル

MENU

ミノキシジル(Minoxidil)とは

ミノキシジル は血管拡張薬として開発された成分。
後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではRogaine(ロゲイン)の商品名で売られている。
日本では一般用医薬品として各社から市販されている。

概要

1960年代にアップジョン社(現在のファイザー)が創製し、高血圧の経口薬として用いられていた。しかし後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、1980年代にアップジョンがはげや脱毛症の治療用として2%のミノキシジル外用溶液を「Rogaine」として販売し始めた。内服薬としては副作用が発見されたため頭部に塗布する液状の外用薬として売られている。なお、ファイザーは世界規模でOTC事業をジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)に売却したため、ロゲインの販売元はJ&J傘下のMcNEIL(マクニール社)に移管されている。

毛成長のメカニズムについては、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と説明されているが、詳細は未だ分かっていない。同じはげ治療薬のフィナステリドは薬理作用が異なるので併用が可能であり、また併用した方がそれぞれを個別に使用するよりも発毛効果を高める事が出来る。

日本国内においてもミノキシジルを成分とした内服薬であるLoniten(ロニテン)及びそのジェネリック医薬品を個人輸入の形で入手する事が可能だが、国内では未認可の薬である上、本来の用途は高血圧の治療のための血管拡張薬であり、服用する事によって重篤な症状を引き起こす可能性があるので注意が必要である。(脱毛の治療#ミノキシジル参照)

日本

日本ではミノキシジル成分の医療用医薬品が未発売であるが、大正製薬が一般用医薬品として開発を行い1999年からミノキシジル成分1%の「リアップ」として発売開始された(ダイレクトOTC第1号製品)。同時期に国内で承認・上市した(医療用医薬品)バイアグラと共に生活改善薬として人気を博し、発売当初は品薄状態が続いた。

副作用

脱毛に対抗する薬なので、最も一般的な副作用は頭皮の痒みである。ミノキシジルやロゲインなどの外用薬に含まれる基剤成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応がしばしば見られる。多量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性がある。日焼けした頭皮に使用する場合に見られがちであるが、ワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こりえることが知られている。

ミノキシジルの使用中は脱毛を止められるが、使用をやめると再び起こり始める。また、成分が母乳中に移行するため、「リアップ」シリーズでは授乳する乳児がいる場合での使用は禁忌である。

あまり一般的ではないが、他の副作用には以下のようなものがある(「リアップ」の添付文書には具体的な症例を提示しつつ異変を感じたら薬剤師・医師に相談するよう促す文章となっている。)。

薬液の使用箇所におけるニキビの発生
頭痛、意識朦朧
多毛症
性的不能
重い低血圧
不整脈、動悸
皮膚の紅潮

霞み目
手、足、顔のしびれや痛み
性欲減退
胸の痛み
急速な体重増加
下肢、手、足、顔のむくみ

ニキビを除き、上記の症状は薬剤の使いすぎの目安になるとされるが、そうでなくても発症する可能性は有るので発症した場合は即ちに医師の診断を受ける事が強く薦められる。

ウィキペディアより抜粋して引用

ミノキシジルをGoogle検索キーワードで深掘り

ミノキシジル購入

ミノキシジルを購入する方法は、AGAクリニックで処方してもらうか、個人輸入代行サービスのホームページから注文します。

AGAオンライン診療で処方してもらう場合、クリニックにより、値段の幅はありますが、医療機関ということで、品質については心配は要りません。

しかし、ミノキシジルタブレット(内服薬)は、未承認薬なので、正規品というものが日本国内にも存在しません。したがって、医療機関も、一般の人も外国製のミノキシジルタブレットを取り寄せる必要があります。そのことを踏まえると、AGAクリニック等で処方してもらうと、高額になりますので、信頼のおける、個人輸入代行サービスに手配してもらう方が、はるかに安く入手することができます。

個人輸入代行サービスで購入する場合も、業者により値段の幅があり、品質の保証、配送保証なども様々なので、厳選した個人輸入代行サービスより買う必要があります。

そして、ミノキシジルには、外用薬と内服薬があり、国内で認められているのは、ミノキシジル5%を上限とした、外用薬のみです。さらに発毛効果が期待できる、高濃度のミノキシジル外用薬は、ほぼ、個人輸入代行サービスで入手する方法しかありません。下の方では、そのミノキシジル外用薬の10%タイプと12%タイプのジェネリックを紹介しております。

ミノキシジル ジェネリック

基本的に、ミノキシジルタブレットには正規品が存在しませんので、入手する場合は、個人輸入に頼らざるを得ないので、数あるミノキシジルタブレットはどれも、ジェネリック扱いといえるのではないでしょうか。

高濃度のミノキシジルタブレットは、強い副作用が報告されており、個人の判断で利用すると、危険が伴いますので、AGA専門医に相談することをおすすめします。

ミノキシジル 女性

ミノキシジルは女性にも有効とされています。

ミノキシジル外用薬は、低濃度タイプ(1%~2%)のものを使用した方が良いでしょう。

発毛効果が期待でき生え際にも強いミノキシジルローション2選

発毛ネットおすすめのミノキシジル外用薬

ツゲイン10は、私も使用しており、後退した生え際にも効果が期待できます。
※発毛効果には個人差があり、必ず効果があることを保証するわけではありません。

ツゲイン10(Tugain10)/ジェネリック医薬品
シプラ
品名
ツゲイン 10% 60ml
価格
最安値 送料無料
1本 3,450円
2本 6,150円
3本 9,320円
説明
ツゲイン10(Tugain10)は、ミノキシジル濃度10%の発毛剤。紹介するお店は、ツゲイン10の最安値のお店です。送料は別になりますが、間違いなく最安値。
2018年より、ジェネリック医薬品が解禁され、各社から販売されていますが、日本では、ミノキシジル5%が最高濃度で、ミノキシジル10%は個人輸入でしかほぼ手に入りません。一般的なミノキシジル5%では、前頭部(M字型)の薄毛には効果が出にくいとされています。ミノキシジル10%では、生える可能性が5%よりは間違いなく高いといえます。日本一の発毛剤の半分のお値段で、倍のミノキシジル配合なので、日本一の発毛剤1本分の値段で、実質4本分と同じ効果。スプレー式なので使用量が加減できるので、1本で2ヵ月はもちます。
備考
この商品は、私自身も効果を実感しております。甘い香りの香料を使っており、ほのかに香ります。日本で販売の発毛剤より、塗った後の素材感が若干ゴワッとした感じがありますが、ミノキシジル5%で効果が感じられない方にはぜひおすすめしたい。
フォリックスFR12ローション ミノキシジル12%
フォリックス
品名
フォリックスFR12ローション 60mL
価格
5,180円 送料無料
説明
Follics(フォリックス)FR12は、先端の有効成分ミノキシジルを12%含有しており、有効成分を適切に吸収させるための次世代技術であるLiposphere(リポスフィア)テクノロジーが採用されています。 この技術は、有効成分をヒトの細胞膜と同じ分子であるリン脂質の膜でカプセル化し、皮膚の奥深くへと浸透させます。水分と油分の両方になじみが良いリン脂質の膜がラメラ構造をしているため、生体への親和性に優れているのが特徴です。 Follics(フォリックス)FR12はべたつくことなく、プロピレングリコール(PG)未配合で赤みを引き起こすことが少ないため、長期にわたってご使用いただくことが可能です!!
備考
この商品は、高濃度のミノキシジルを配合しており、生え際に産毛が生えてきたという口コミが目立ちます。また、日本皮膚科学会が推奨する、アデノシンという成分も含有。これから期待のできる、ミノキシジル12%外用薬です。

最大の発毛効果が期待できると噂のミノキシジルタブレット

発毛ネットおすすめのミノキシジル内服薬

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)

個人差もありますが、強力な発毛効果が期待できるミノタブは、高濃度になるにつれ、副作用の可能性も大きくなりますので、利用の際には、AGA専門医などにご相談ください。

ミノキシジルタブレット2.5mg/ジェネリック
LLOYD LABORATORIES社
品名
ミノキシジルタブレット2.5mg 100錠
価格
送料無料
1本 3,400円
2本 5,050円
3本 7,000円
説明
ミノキシジルは元来、高血圧症の治療向けに血圧降下剤として開発されました。血管を拡張させる作用により、毛髪の再生および男性型脱毛症(AGA)に効果があったため、育毛剤として応用されるようになった経緯があります。ミノキシジルタブレットの有効成分・ミノキシジルは、血管を拡張して血流を増加させます。毛髪再生に必要な栄養素を届けることで、毛乳頭を活性化し、毛髪の成長を促します。
備考
強力な発毛効果が期待できる分、副作用の可能性も高くなるので細心の注意が必要。