AGAクリニックの真実

MENU

AGAクリニックの真実 とは?

AGAクリニックの真実 とはズバリ、AGAクリニックは病院ではない!?

色々とAGAクリニックやAGA治療薬のことを調べていると、あることに気づきます。

そのあることとは、まずAGAクリニックは、みなさんが考えている一般的な病院ではないということ。

もちろん認可を受けた医療機関であることには間違いないが、AGA治療やAGA治療薬には保険が適用されない、いわゆる自由診療。

自由診療と聞いて頭に浮かぶのは、脱毛や豊胸、包茎手術、脂肪吸引などを扱う美容医療サービス(注1)

その美容医療サービスは、TVCMや雑誌、インターネット上を多くの広告で賑わせていることでもわかるように、儲かる職業のひとつであることは間違いないと思います。

AGAクリニックもそのひとつと考えると、大なり小なり、トラブルを抱えていることも予想されます。

その根拠として、美容医療サービスは、年間、2,000件を超える相談が、全国の消費生活センターに寄せられていることからもわかります。

一例として、美容医療系のサービスでは、よくモニターを募集しています。

モニターだからといって安く治療を受けられるとは限りません

相談の一例として、美容クリニックで顔のシミ取りレーザー治療を体験で受けた後、モニターになれば安くなると勧誘され10回コースの契約をしたが説明に不審な点があったため、解約したいなどの相談が寄せられています。

もう一つ、国民生活センターの寄せられた事例を掲載

薄毛治療に効果ありというウェブサイトを見て高額な契約をしたが、副作用が不安「薄毛治療3,400 円から。99%効果あり」というウェブサイトを見つけクリニックに相談に行った。カウンセラーから「薄毛の原因は遺伝。このままだと禿はげる一方」などと言われ、12カ月45 万円のスプレーでの治療と飲み薬の契約をした。医師の説明はなかったが、飲み薬の説明書では副作用の可能性があるという。不安なので解約したい。

虚偽広告は禁止!
改正医療法施行後は、ウェブサイトでも、「〇〇%の満足度」のように、データの根拠となる具体的な調査の方法等を明確にしないで、データの結果と考えられるものだけを示すものについては、「虚偽広告」として扱われます。 「99%効果あり」との表現にデータの根拠が提示されない場合には、虚偽広告に該当する可能性があります。
独立行政法人 国民生活センターのpdfより引用

このような事例を含め、トラブルに発展する可能性のある、美容医療クリニック選びは非常に難しいです

POINTクリニックを選ぶ際の情報収集媒体は、「クリニックのホームページ」が約3割でもっとも多く、次いで「雑誌広告」2割、「フリーペーパー」1割強の順であった。

また、ネットで口コミを調べようにも、サクラまがいの書き込みが横行しており、口コミさえ信用しがたいです。

HPの開設当初、このページでは、全国展開のAGAクリニックを紹介しておりましたが、AGAクリニックや治療のことを知れば知るほど、また独自にネットの口コミを調べた結果、おすすめできるようなAGAクリニックが無かったことで、このような「AGAクリニックの真実」なる、おどろおどろしいタイトルになってしまいました。

とはいえ、AGAクリニックに関して、何らかの紹介をしなくては、私も商売にはならないので、ほぼ消去法にはなりますが、当ページの中で1つだけAGAクリニックを紹介させていただきますね。

急いでAGAクリニックを知りたい方は コチラ からどうぞ。

(注1)美容医療サービスとは、医師による医療のうち、「専ら美容の向上を目的として行われる医療サービス」を指し、医療脱毛、脂肪吸引、豊胸手術、二重まぶた手術、包茎手術、審美歯科等が主な施術(医学的処置、手術及びその他の治療)とします。

フロントエンド・バックエンドに気を付けろ

聞きなれない言葉から始まりましたが、このフロントエンド・バックエンドは、マーケティングの手法のひとつです。

聞き覚えはないかもしれませんが、この手法自体はあらゆるところでお目にかかります。

例えば、エステでよくある、初回お試し無料!や初回1,000円とかのアレです。

まずは、無料体験や無料相談、または、ありえないような金額でオファーを出して、見込み客を掘り起こし、最終的には、後ろに控えるメイン商品やサービスを購入させる手法です。

その手法をAGAクリニックも使っています。というか、今日では多くの企業などが利用しています。

そういうところを見ても、AGA専用クリニックが一般的な医療機関だとはいえません。

いくつかその手法を取り上げてみます。

まず思いつくのが、初回特典。

初診が無料だったり、AGA治療薬が初回に限って半額だったりします。

一般的に、バックエンド商品はかなりの高額商品が待ち構えていますが、AGA治療の場合、一見おとなしめに感じてしまいます。

実際に1万円の治療薬を初回半額で処方してもらうと、治療薬代は5千円。

2万円だと半額で1万円。

正規の代金の半額で商品やサービスが手に入るのは嬉しいものです。

実際に薄毛で悩んでいる方にとっては渡りに船。

半額でAGA治療を受診するきっかけにもなり、悪いことばかりではありません。

しかし、よくよく考えると、AGA治療の場合、半永久的に治療を受ける、または治療薬を処方してもらう必要があるため、何ヵ月も何年も、継続的に毎月の出費が必要になります。

効果が目に見えて期待できる場合は、まだ良いとして、効果が現れない場合は、さらにワンランク上の治療をすすめられたりします。

もう一つ例を挙げると、効果がない場合は「全額返金保証」というサービス。

AGA治療では、実際に生えない人も一定数いるとは思うが、AGA治療薬では世界的に未認可の「ミノキシジル内服薬」通称ミノタブは、ミノキシジル含有量が2.5mg~10mgまであり、その中の5mg、10mgを服用すれば、結構な確率で発毛するはずです。

そして、この基準もあいまいです。

もちろん「発毛効果なし」という、判断基準は設けられているとは思うが、ミノタブ5mgまたは10mgを服用して、全く生えないというのは考えにくいです。

結局、思ったような発毛効果がなくとも、発毛基準はクリアすると思うので、半年~1年分の治療費用は毎月請求され、返還されることはほぼありません。

この場合の毎月の治療薬代は、2万円以上は確実。

年間24万円以上。

この金額を毎月払うとすれば、軽自動車も数年で買えます。

結局何が言いたいかというと、無計画に目先の無料や初回半額、全額返金などに飛びつくなという注意喚起

人の悩みに付け込んだ(ちょっと言いすぎ)阿漕な商売には要注意ということ。

権威の原理に惑わされるな

とある書店で見かけた本の帯に、テレビでも有名な脳科学の先生がおすすめする本として、推奨文を書いていたとしたら、興味をそそられませんか?また、この専門家の意見なら間違いないと、疑いもせずに信じてしまったりという経験はありませんか?

人間は、そういう肩書を持った人や権威者のいう言葉を無条件に受け入れてしまいがちなものです。

特に、医師からこの薬を呑めば早く治りますよ!といって処方された薬を疑う人はどのくらいいるでしょうか?

まず、ほとんどいないと思います。

もう一つ、その最たるものがありました

Googleで「AGA」と検索すると、AGAクリニックなどが広告を含め、相当数出てきます。

その中にランキングサイトも含まれ、おすすめAGAクリニックや育毛剤ランキングなどが画面を賑わしています。

その中に出てくる写真には必ずといっていいほど、白衣を着た医師の写真や、例えば、AGA専門クリニックの医師が監修した記事として、写真と共にクリニック名も掲載されています。

これらもやはり、医師や弁護士、その他専門家の意見や話す内容は正しいと、無意識状態を含め、ほぼ無条件に受け入れる心理状態を利用したものです。

そういった心理状態になることを「権威の原理」や「権威への服従原理」などと呼びます

実際のAGAクリニックでは、問診や毛髪・頭皮のチェック、血液検査など経て、AGAだと診断され、AGA治療薬を処方されるわけですが、その処方された治療薬を受け入れない人はまずいないと思います。

予算的に厳しい場合は別として、大体の方は医師のいう通りに治療を受け入れ、治療を開始します。

もしあなたが、AGA専門クリニックを訪れようとしている場合は、少しでもAGA治療や治療薬のことを学んでから行くことをおすすめします。

あなたにAGAの特別な知識などがなく、何も知らないと思うと、クリニック側も言葉巧みに高額な治療や治療プランをすすめてくる可能性があります。

そういう場合はハッキリ、フィナステリドとミノキシジルタブレットを服用したい旨を伝えて、処方してもらってください。

そのあとは、医師やスタッフから何をすすめられようとも、断固拒否できる強い心で対応してください。

特にAGAに関しては、特別な治療薬は少なく、認可された外用薬は、ほぼミノキシジルのみ、ミノキシジル濃度は5%までと決まっており、内服薬も、フィナステリドとデュタステリドのたった2つしかありません。

しかし、クリニック側は出来るだけ客単価を上げたい考えます。

そのための策として、オリジナルの医薬品を用意しています。

医療の世界にもPB(プライベートブランド)があるのには驚いたのですが、このオリジナル医薬品が厄介です。

一般的に処方されるフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルローションは、ネットで調べれば、大体の販売価格はわかりますが、このオリジナルと称する医薬品は、セット販売もしており、実際の販売価格はほぼ言い値になってしまいます。

以上のことを考えると、やはり、受診しようと思う、AGAクリニックがどのような医薬品をどのくらいの金額で販売し、他にはどんなオリジナル療法を行っているのかなどの下調べは必須だと思います。

AGAは、治療薬を除いて、効果的な治療法はほとんどないにもかかわらず、クリニックからすすめられる、特別な治療法には、かなりの費用が掛かりますので要注意です。

AGAクリニックの真実のまとめ

AGAクリニックの真実のまとめとして、いくつか注意点を挙げておきますので、もしAGA専門クリニックを受診する際には、参考にされてください。

  1. まず、AGA専門のクリニックは、一般的な病院とは違い、美容医療といわれる分野に属していて、その治療は、保険適用外の自由診療。
  2. AGAクリニックでは、「毛髪診断無料サービス」「治療は月々980円から」「全額返金保証」などの、好条件のオファーを出してきますが、そのオファーに気軽に乗らないこと。
  3. エステサロンなどを想像して頂くとわかりやすいと思いますが、比較的高額な治療や、治療プラン、それに付帯する、頭皮ケアのサプリやシャンプーなどをすすめてくるケースもあります。
  4. 最初の安価な治療プランで効果が現れない場合、ワンランク上の、より高額なプランをすすめてきて、「もう数ヶ月様子をみてみましょう!」的な言葉で、結局は最上位プランに移行させようとします。

ハッキリ言って、おすすめできるような外来のAGAクリニックは見つかりませんでしたが、今のコロナ禍においては、非接触で受診でき、最良と思われる「AGAオンライン診療」をおすすめします。