キャッシュレス決済Square を導入

キャッシュレス決済Square を導入

キャッシュレス決済Squareを導入

キャッシュレス決済Squareについて

キャッシュレス カード決済Square(スクエア)の紹介

キャッシュレス カード決済Squareは、世界的に有名なカード決済代行会社です。

導入後は、店舗での対面決済とネット決済が可能となります。

クレジットカード決済とは、クレジットカードをクレジットカード決済端末に差し込んだり、カードを非接触読み取り装置にタッチまたは、古いカードのタイプでは、磁気読み取り装置にカードをスライドさせることで読み取ります。Apple Payでは、スマートフォンに取り込んだカード情報を利用して、非接触読み取り装置にスマートフォンをかざして決済をします。

キャッシュレス決済 JPQR

Square導入のメリット

お客様がネット上で、簡単にクレジットカードでお支払いができます。

ネット上での決済方法は、多いに越したことはありません。

高額な商品を購入する場合、ご利用するカードによって、分割払いやリボ払いなどが利用でき、お支払いも非常に楽になります。

重複する部分もございますが、以下のようなお支払い方法が導入可能です。

  • お店での対面販売
  • 屋外・屋内イベントなどでの物販
  • Woocommerceなどのネットショップ内でのカード決済
  • 習い事など、会費の月額自動課金(引き落とし)
  • メールで請求書を発行し、支払いを受ける

Squareの概要

SquareはAndroidのスマホまたはiPhoneかiPadが必要です。

Square

カードリーダー/決済端末

初期費用・月額

初期費用・月額0円
Square Reader/¥7,980
Square Terminal/¥46,980
ネット決済のみは端末不要

振込手数料

0円

入金サイクル

最短翌営業日入金

決済手数料

3.24%~

決済方法

クレジットカード決済・交通系電子マネー・iD・QUICPay

Square
クレジットカード決済交通系電子マネー月額0円
申込費用
0円 端末購入の場合7,980円/46,980円
特徴
Square(スクエア)のメリットといえば、導入までの期間がもの凄く速いこと、売上金の入金処理の迅速さがあげられます。世界的に有名なクレジットカード決済代行会社です。決済端末としては、タッチ式の非接触決済が可能な唯一の端末です。カードを手渡すことなく、端末にクレジットカードをタッチさせるだけで決済が完了。コロナ禍においてはとても素晴らしい機能です。

Squareのもう一つの優れた機能として、ワードプレスのプラグインである、Woocommerce(ウーコマース)という、ネットショッピングプラグインで、クレジットカード決済が利用できる点です。ネットショッピングでクレジットカード払いが利用できるのは、当たり前の機能となりつつあります。

その他、パソコンやスマホアプリから請求書をメールで送り、受け取った人がカード決済で支払うこともできます。また、会費や習い事の月謝などの定額自動課金も利用でき、毎月の煩わしい請求も自動で行い、毎月自動で引き落とします。
メリット
売掛金の入金の速さ/決済端末がなくても利用できる機能として、ネット経由で請求書を発行し、請求書を基にカード払いが可能/無料でネットショップにカード決済を搭載可能/月謝などの定期自動引き落としが可能/
デメリット
端末代金が必要。
備考