最強発毛剤は1つではない!生え際の薄毛にお悩みの方に朗報!

MENU
  1. 発毛剤専門サイトの運営趣旨
  2. 発毛剤とは?
  3. 外用薬の副作用について
  4. 発毛剤と育毛剤の違い
  5. 発毛剤は本当に生えるのか?
  6. いよいよ発毛剤初体験
  7. おすすめ発毛剤のポイント
  8. AGAの進行具合をハミルトン・ノーウッド分類で確認
  9. 誰にも会わずにネットで購入
  10. 最強発毛剤とは?
  11. ミノキシジル塗布後の経過写真
  12. 発毛剤についてのまとめ

発毛剤専門サイトの運営趣旨

発毛剤 ・ 育毛剤のランキングサイトやAGA専門クリニックのサイトに惑わされることなく、安価で安全な、最強発毛剤の真実の情報を公正かつ誠実に、みなさまにお伝えするサイト。

できるだけ安全に安く、効果が期待できる薄毛A対策方法を「個人レベル」と「医療機関レベル」に分けて紹介。

先に結論をお伝えしますが、ミノキシジルローション(外用薬)とフィナステリド内服薬を併用することで、初期段階のAGAには効果覿面、高確率で対処できます。
※効能効果には個人差があり、効果を保証するものではございません。

具体的な商品名

ツゲイン10 or フォリックスFR12ローションとフィナロイド or フィンペシア内服薬


個人レベルのAGA対策

個人レベルで最も安く、最も効果のあるAGA対策は、発毛剤の飲み薬である、プロペシアのジェネリック医薬品の「フィナロイド」「フィンペシア」や高濃度のミノキシジル発毛剤を一番安い個人輸入代行より入手すること。
飲み薬なら、1ヵ月当たり、1,000円以内の治療が可能。特に持病などが無ければ副作用の発現率は極めて低いといえます。
AGA治療薬を個人輸入

医療機関レベルのAGA対策

医療機関でのAGA対策のほとんどが治療薬による治療になります。
他の治療法もありますが、どれも高額です。
治療薬による対策が手遅れの場合や治療薬が効かない場合、最終手段でもある「自毛植毛」に頼るしかありません。
高額ですが、確実に毛を生やすにはこの方法しか残っていません。
安心安全安価なAGAオンライン診療のおすすめ
AGA治療の最終手段自毛植毛

AGAについての説明と解説

AGAの原因や日本皮膚科学会のAGAに関するガイドラインが推奨するAGA治療などの話題。
AGA(男性型脱毛症)とは?

発毛剤とは?

発毛剤 とは、一般的にAGA(男性型脱毛症)に対して、発毛効果が認められた医薬品(第1類医薬品:一般用医薬品の中で最も副作用が生じる恐れが高い医薬品)のことです

日本では「リアップ」が有名ですが、2018年に特許が切れたので、各社から、リアップのジェネリック医薬品である、ミノキシジル5%ローションが販売されています。

特許切れにより、各社がしのぎを削っていることもあり、発毛剤市場は活発化し、市場原理が働き、高額だった発毛剤が、低価格のものは4千円前後で入手できます。

そして、ミノキシジルローションは、医薬品なので、各社から発売されている発毛剤に、大きな違いはありません。

日本で医薬品として認められている「発毛剤」は、値段による違いはほとんどなく、発毛ネットでは、発毛剤の値段は「安ければ安いほど良い」という結論に至りました。

テレビCMで流れている発毛剤は、有名タレントを採用していることもあり、その中では高額な部類に入ります。

また、AGAが発症して5年くらいなら、発毛剤の効果が強く見込めるので、早期発見が大切になります。

AGAの傾向として、髪の毛が細くなり、コシやハリがなくなります。

そう感じてきたら、まずは市販のミノキシジル5%ローションをお試しください。

とはいっても、購入前には問診が必要で、副作用の恐れがある人などは購入できません。

やはり、医薬品ということで、市販品とはいえチェックが必要です。

しかし、外用薬(塗り薬)には、ほとんど副作用はありません。

人によって、ちょっと頭がかゆくなるくらいです。※ひどい場合は医師へ相談

実際に発毛効果が期待できるのは「発毛剤」しかありませんので、薄くなったと感じたら即、決断。

初期のAGAにはおすすめ

外用薬の副作用について

使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。 ※購入前には問診が必須

皮膚:頭皮の発疹・発赤※、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
精神神経系:頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器:胸の痛み、心拍が速くなる
代謝系:原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ
※:頭皮以外にあらわれることもあります。

発毛剤と育毛剤の違い

簡単にいうと、生えるか生えないか

発毛剤(外用薬=塗り薬)は「毛を生やす」ことが主たる目的
壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防が主な利用方法です。
※発毛成分は、国から認可されたミノキシジルのみ

育毛剤は「毛を育てる」ことが主たる目的
すでに生えている髪の毛の成長促進、頭皮環境の整備、抜け毛予防が主な利用方法です。

日本皮膚科学会が推奨する成分の入った育毛剤

日本皮膚科学会のAGAに関するガイドラインで、推奨する成分の入った、発毛が期待できる成分の入った育毛剤。
AGA・FAGAに良い育毛剤

両者ともに副作用の可能性がありますが、「発毛剤」は「※第1類医薬品」ということもあり、発毛の効果が期待できる分、副作用の可能性が高まります。

しかし「発毛ネット」で紹介する発毛剤は、外用薬ということもあり、内服薬に比べ、格段に副作用の可能性は低くなります。

また、ネットで発毛剤を購入する際には、問診が必要で、誰でも買えるわけではありません。

問診にパスして、購入できる方でも使用後、体調に異変があれば速やかに病院へ行きましょう

※第1類医薬品とは一般用医薬品(OTC医薬品)の1つで、一般用医薬品の中で最も副作用が生じる恐れが高い医薬品のこと。解熱消炎鎮痛薬の「ロキソニン」、胃腸薬の「ガスター10」など。
第1類医薬品は効果が高い分、副作用の危険も高いために特に注意が必要である。第1類医薬品を販売できるのは原則的に薬剤師に限られ、販売時には必ず購入者に対して薬の情報提供を行わなければならない。
ただし、例外的に登録販売者・一般従事者も「薬剤師の管理・指導のもと」という条件下に限って、第1類医薬品を販売できる。
製薬・医薬業界の転職支援 Answers より引用

発毛剤は本当に生えるのか?

発毛剤 の利用開始から6ヵ月※記事を書いた当初
現在の毛髪・頭皮の状態を写真で公開中
まさか薄毛になるとは思わなかった52歳。

私の現在の毛髪・頭皮の状態を見てみる

今は、実験のためでもあるが、発毛剤(メディカルアップ、ツゲイン10)は使わず、フィナステリド(商品名:プロペシア)のジェネリック薬品である「シプラ社のフィンペシア」を利用して10日目。※9月1日からフィンペシアを服用開始

ミノキシジル5%ローションとフィナステリド内服薬の併用は非常に効果があると言われていますが、あえて、フィナステリドの経口摂取のみに切り替えました。

その理由は、個人輸入で入手できるフィナステリド(フィナロイド・フィンペシア)は、日本で処方してもらうフィナステリド(ジェネリック薬品)の1/5の金額で入手できます。

日本で処方してもらうAGA治療薬は、高額です。

しかも、AGA治療薬は一生呑み続けないと効果が薄れ、薄毛に逆戻りします。

そのことを考えると、毎月千円以下で服用できる、個人輸入で入手した発毛剤(内服薬)は、非常に魅力的です。

この実験結果によっては、私と同じ症状、頭髪・頭皮の状態であれば、期待も持てますし、経済的にも助かります。

私自身の頭を実験台として、みなさまにも希望を与えられるよう、色々と試していきたいと思います。

いよいよ発毛剤初体験

若い頃は毛量も多く、髪の毛を労わったことは一度もありませんでした

フリーのウェブデザイナーをしており、20代後半から20年ほど、ヘアカラーやブリーチの繰り返し。

そして、45歳前後から、髪の毛のコシ・ハリがなくなった辺りから、毛量も減り始め、思うようなヘアスタイルができなくなり、ここでようやく薄毛に気付く。

気づいた後は、シャンプーに気を使ったりしながら、5年が経過。

5年経過する間も、徐々に薄くなり、何らかの薄毛対策が必要かなと思うようになりました。

とりあえず頭に浮かんだのが、日本で一番有名な某発毛剤。

想像より高いなぁとは思いつつも、それしか思いつかなかったのでネットで注文。

早速使い始めましたが、発毛剤は育毛剤とは違い、薄くなってきた部分にピンポイントで塗布するため、その部分だけが濡れた感じになり、乾いた後はパリパリになるので、仕事時に使用するのはちょっと厳しいなと思い、1週間ほどで利用をやめました。

POINT程度は発毛剤によるが、発毛剤の多くは、塗布後、乾いたときに、ゴワツキ、ベタツキや濡れた感じのままパリパリと固まった感じになります。

その後も、薄毛は進行していたが、特に対策をすることなく、2年以上が経過。

そして現在のコロナ禍。

兼業で、某有名リラクゼーションサロンで永年施術をしていましたが、その仕事も激減したので、そのまま休業。

数年ぶりに在宅中心の仕事に戻りました。

外出する機会が減ったので、途中でやめていた発毛剤を再開しようと、色々と探してみたら、ありました!埃をかぶった日本一の発毛剤が!

開封して2年以上経っているので、使うのは「ヤバいかな」とは思ったが、背に腹は代えられない。

においを嗅ぐと、柑橘系の爽やかな香りがしたので、まだ大丈夫だろうと、利用を再開して、2ヵ月が経過。

通常は、1ヵ月で使い切るのだが、めんどくさがりの私は、1日1回塗布すればいいほうで、結局2ヵ月持った。

POINT発毛剤を試してみたい人は、多いと思いますが、実際に効果があるのか不安だったり、値も張りますし、副作用が気になる方もいらっしゃると思います。実際、日本で認可されていて、発毛が期待できる成分はミノキシジルしかありません。それを考えると、薄毛に悩んでいる人はまず試してみてください。外用薬は内服薬に比べ格段に副作用は少ないです。極端な話、ミノキシジル5%ローションなら、先発薬のリアップでも格安発毛剤でも何でも構いません。これは本当の話です。

おすすめ発毛剤のポイント

結果からいうと販売価格の安い「発毛剤」がベスト

今現在、各社から発毛剤が販売されており、どれを選んだらよいか迷うところ。

しかし、発毛剤を選ぶポイントはそう多くはありません。

なぜかというと、発毛剤の発毛促進成分である「ミノキシジル」は、どのメーカーも、容量60mLに対して5%が配合されています。

ハッキリ言ってしまうと、5%配合のミノキシジルローションであれば、どのメーカーのどの発毛剤でも「同じ」だからです。

発毛ネットがおすすめするミノキシジルローション

メディカルアップ
世界で一番メディカルアップを安く買う方法
おすすめの理由は、品質はもちろん、初回購入者限定で40%OFFで購入できますし、この値段以下で買える、販売元が有名なミノキシジルローションを私は知りません。使用感や素材感を確かめるために実際に私も使用中。※下で詳しく説明

AGAの進行具合をハミルトン・ノーウッド分類で確認

AGAの進行具合が、下の図で「C」までなら諦めずにチェレンジして欲しい。

要は、自分で決めつけず、可能性が残っている限り、チャレンジしてみる価値は十分にあります。

その、AGAの進行具合を測るものが下にある、ハミルトン・ノーウッド分類です。

そして、下にあるハミルトン・ノーウッド分類の「A・B・C」は一般的な、AGA治療薬の対象となることが多く、発毛効果も期待できます。



POINTハミルトン・ノーウッド分類とは、 AGAの進行具合や進行パターンを図解で表したのがハミルトン・ノーウッド分類です。1942年頃、薄毛の原因が男性ホルモンにあると、本当の意味で初めて科学的に実証したのは、アメリカの研究者でホルモン学を専攻していたハミルトン先生です。その先生の名前から命名されています。

先ほど発毛剤を紹介しましたが、もう少し詳しく説明いたします。

今現在、2種類の発毛剤を試していますが
その中のひとつが、ミノキシジル国内最大濃度5%の メディカルアップ

このメディカルアップを選んだ理由は、単純で申し訳ないが「安かった」から。

基本的に、髪の毛を生やすことに関していえば、ミノキシジル濃度が5%であれば、どれを使っても効果に大差はありませんが、ニオイや質感または、「育毛効果」には若干の差はあります。

実際に使ってみて、このメディカルアップは、中身でいうと、ニオイも癖もなく非常に使いやすいです。

私が選んだ理由として挙げた、安かったというのは、初回購入者限定で最大40%OFF

2本同時購入で、1本あたり3,575円

信頼のできる、会社が取り扱う発毛剤としては、これを下回る金額は私は見たことがありませんので、お試し利用には最適です。

POINT国内で承認されている発毛剤のミノキシジル濃度は、上限が5%。海外から個人輸入で取り寄せる場合は、自己責任なので無制限。最高濃度は16%くらいまであります。一般的に濃度が高いほど、ローション自体の粘度が高くなり、脂っぽくなったりして、塗布したまま外出するのは厳しいかもしれません。

もう一つ利用している発毛剤はツゲイン10

ネーミングから察しが付くように、ミノキシジル濃度は10%。

ツゲイン10なら生え際もケアできます。

ミノキシジル10%は、個人輸入以外では入手することはできませんので、安心・安全に手に入れるには当方のページのリンクをクリックして個人輸入代行のページより、手配してもらいます。

上記のツゲイン10のリンク先は、2本セットの商品にリンクしています。2本以上買うと送料が無料で、しかも他の個人輸入代行サービスより、かなりお安い価格設定となっております。

外用薬(頭に直接塗布する医薬品)としては、私の使用感でいうと、イチオシといえますが、このツゲイン10は、香料を使用しており、甘めの香りがします。特別濃すぎる香ではないですが、念のために書いておきますね。

日本で買える市販の発毛剤では、髪の毛の生え際(額/おでこ)まではケアできません。

髪の毛の生え際は非常に生えにくいとされています。

国内のミノキシジル5%で効果が感じられない方は、試してみる価値あり

POINTミノキシジルは、国内で唯一発毛効果が認められた有効成分です。すでに世界約90カ国以上で承認され、使用実績がある医薬品成分です。

誰にも会わずにネットで購入

今は、ネットで簡単に買うことができるので、人に気づかれず、こっそりチャレンジできます。

購入金額も数年前と違い、とてもお安く買うことができます

お安く買えるその理由は、2018年に後発医薬品(ジェネリック医薬品)が解禁され、他社から様々な「ミノキシジル5%の発毛剤」が発売されたからです。

また、個人輸入代行サービスも、AGAオンライン診療 も家に居ながらにして、AGA医薬品を手に入れることができます。

商品選びのポイントとして、「価格」「安全性」「商品の特性(香料の有無・塗布後の素材の特徴)」などを参考にして、トータルバランスの良い商品を選びましょう。

「発毛剤」は、使うのをやめると徐々に元の薄毛に戻ってしまいます。

上記のことを踏まえると、できる限り、コストパフォーマンスが良く、長く利用することを前提に、良い商品選ぶことが望ましいといえます。

最強発毛剤とは?

最強発毛剤は存在するのでしょうか?

その答えは「YES」です

発毛剤の最強はズバリ、ミノキシジル タブレット

しかし、ミノキシジル内服薬(ミノキシジルタブレット)は、世界中でも承認されている国はありません。

理由は、副作用が強くて、副作用の種類も多いからです。

日本では、副作用が強すぎて、臨床試験の段階で断念され、認可までには至らなかったようです。

その認可されなかったミノタブは、医師の処方せんがあれば、AGAクリニックでは処方してもらえます。

もちろん、個人輸入代行サービスから入手することも可能です。

もう、このレベルの発毛薬になると、ある意味、大事な何かと引き換える勇気があるなら、自己責任において試してみるのもありだとは思います。

最初に結論が出ている通り、最強発毛剤はミノキシジルタブレット、通称ミノタブで異論はない所だと思います

たとえミノタブを入手できたとしても、最初は2.5mgを半分に割って服用することをおすすめします。

そのミノタブには、ミノキシジル含有量が異なる3つ(2.5mg、5mg、10mg)のタイプがあります。

ミノキシジル含有量が多ければ多いほど、発毛力は強くなりますが、副作用の発現率も高くなります。

そして、ミノタブの副作用として、多く報告されているのが、激しい動悸と多毛症。

副作用のひとつである多毛症は、身体のあらゆる体毛が濃くなります。

頭髪も生えるが、体毛も濃くなるので、ちょっと厄介です。

私だったら、間違いなく服用はしません。

体調に異変をきたしてまで服用することは考えられませんし、それならまだはげていたほうがマシです。

特に循環器系に持病のある方は注意が必要ですが、それでも試してみたいという方は、自己責任において服用してください。

先ほども述べましたが、最強の発毛剤といえば、ミノキシジルタブレットになりますが、服用した方の全員に満足いく結果が出るとは限りません。

ただ単に生えるだけなら、おそらく全員に効果が現れると思われますが、満足のいく結果を求めた場合、10人中2、3人いれば良いほうだと思います。

果たして、そのくらいの発毛確率で、体調に異変をきたすような医薬品を服用する意味はあるのでしょうか?

やはり、健康でなくては、髪の毛が生えたとしても喜べませんので、節度を持った薄毛対策を心がけましょう。

「発毛剤」をGoogleで検索すると、他の検索キーワードとして「絶対生える発毛剤」など、薄毛に悩む方の切実な悩みと希望が検索されております。

しかし実際には、絶対生える発毛剤は存在しません。

絶対生える発毛剤が存在するのなら、私が真っ先に飛びつきます。

絶対生える発毛剤はありませんが、生え際にかなりの効果が期待できる発毛剤はあります。

インドのジェネリック医薬品メーカーのシプラ社が製造販売する ツゲイン10(Tugain10)です。

ミノキシジルについての説明と解説

ミノキシジル内服薬は強力な発毛効果が期待できる分、副作用も大きいので、服用に関してはすべては自己責任。または、医師への相談の下ご利用ください。
ミノキシジル成分の入った最強薬

ミノキシジル塗布後の経過写真

※かなり大きな写真なので、拡大してご覧になってください。

①~③は、薄毛対策をしていない頃の写真。
角度や光の加減で、毛髪・頭皮の見え方が違うので、一応3枚掲載。間違いなくおでこが広くなっています。

④は、2021年2月くらいから、某日本一有名な「ミノキシジル濃度5%」発毛剤を使い始め、約2ヶ月が経過した頃。この頃には、額にうっすら産毛が確認でき、もしかしたらイケるんじゃないかと思い、もっと安く買えるミノキシジルローションをネットで物色し始めました。

ミノキシジル塗布後の経過写真

⑤は、つむじ周りの頭頂部の写真(典型的なAGAの症状)。額には産毛と短い毛が生え始めたにもかかわらず、頭頂部の毛髪は、確認し難い状況。※実際には、産毛が生えてきたおかげで、頭皮のテカリはなくなりました

⑥は、4月1日から、ネットでも評判で、先ほど紹介した ツゲイン10 を使い始めて、3ヶ月が経過した状況。

前回の発毛剤を含め、合計5ヵ月間発毛剤を使ってきましたが、目に見えて効果が現れてきました。

多くのミノキシジル含有の発毛剤の説明には、使い始めて4ヶ月ほどで効果が現れると書いてありますが、まさしくその通りになりつつあります。

⑦⑧は、現在の状態を正面から写したもの。両写真は、あえて、白色のLEDライトを強めに当てている状況ですが、頭頂部に比べ、かなり毛が生えていますし、頭皮も見えにくくなっています。長いもので2~3cmの毛が生えています。特に正面からは、ちょっと前まで薄毛だったことがわからないくらい。髪の毛の立ち上がりもだいぶ変わってきて、自然と毛が起き上がっています。

上の写真からミノキシジル塗布後2ヵ月の経過写真

見本写真より、短めのヘアスタイルですが、①頭頂部、後頭部には、さらに毛が生えてきて、地肌が見えにくくなってきました。

②正面から見た生え際部分も随分と毛が生えています。

①②で見る限り、特に薄毛が目立つわけではないのですが、自分的には、前頭部・頭頂部共に毛が細く、ボリューム感はありません。

やはり、AGA(男性型脱毛症)の根本的な原因である、ヘアサイクルの乱れを改善しなければ、太い毛髪が育つことはないのかなと、考え始めました。

そこで、今ちょっと自身の頭で実験中。

今まで使っていた発毛剤(メディカルアップ・ツゲイン10)の利用を一旦やめて、フィナステリド(商品名プロペシア)のジェネリック医薬品にあたる、個人輸入で入手したフィンペシアを2021年9月1日より使用しています。

期限は決めていませんが、1ヵ月~3ヵ月の間、フィナステリドのみで、毛髪の維持ができるのか、フィナステリドのみで頭皮環境を整え、髪の毛が実際に生えてくるのかを私の頭で実証実験中。

フィナステリドを利用したことによる、初期脱毛は起こるのか?も含め、自身の頭を使用した発毛剤の人体実験で様子をみてみることにします。

定期的に毛髪・頭皮の状態を写真付きでアップしていきますので、興味のある方は、たまにのぞいてみてください。

フィナステリドのみで、ちょうど1ヵ月経過

1ヵ月を経過しての感想を書きますね。

ハッキリ言って、1ヵ月程度では、これといった進展もなく、初期脱毛と思われる症状も現れてはおりません。

しかし、ミノキシジル外用薬を一切利用せず、フィナステリドのみの服用で、薄毛が特に進行したともいえないので、実験結果としてはまずまずか!?

このままフィナステリドのみを服用した実証実験を続けてまいりますので、乞うご期待。

おまけの金髪写真 頭皮に負担をかけすぎたのかな?

今から7~8年前の写真

発毛剤についてのまとめ

発毛剤は、間違いなく試してみる価値はあります

実際に、発毛効果があるのは、ミノキシジル含有の発毛剤だけです。

世の中には様々な民間療法がありますが、全く根拠のないものです。

そのことを考えると、薄毛の悩みがあるなら、できるだけ早く発毛剤を試してみてください。

AGAは、自然治癒することも、AGA治療で完治することもありません

いわば、半永久的にAGA治療薬を服用するか、ミノキシジルローションを塗布し続けなければなりません。

何度も言いますが、髪の毛のコシとハリがなくなったと感じたら、できるだけ早めの対策が必要になります。

まずは、AGAの自己対処法として、ミノキシジルローションを試すわけですが、ハッキリ言うと、ミノキシジル濃度が5%の発毛剤であれば、種類やメーカーは問いません。

髪の毛を生やすのは、ミノキシジルですから。

それでも、強いてあげるとすれば以下の要素

  • 値段
    国内メーカーのものなら、安ければ安いほど良い。
  • 香料の使用不使用
    主観では、香料は不使用が良い。もちろん気にならない人はスルーしてください。
  • ローションの質感
    何度か申しましたが、塗った後、発毛剤が乾いたときの「質感」のことですが、ゴワツキ、ベタツキ、粉っぽいなど、ちょっとした癖があります。全部を試したわけではないですが、国内産なら概ね同じような質感だと思われます。

いよいよ発毛剤初体験

発毛剤を入手したら使い始めるわけですが、当然最初の数ヵ月は何の変化もありません。

ハッキリ言ってモチベーションが上がりません。そのうち塗布するのも面倒になります。

でも諦めないでください。
2ヵ月もすると何らかの変化は起きてるはずです。

例えば、産毛が生えてきたとか、以前より頭皮のテカリがなくなったとか…

モチベーションを上げるツールを紹介

TVやCMで見る、頭皮チェックなどに使うアレです!
マイクロスコープUSB顕微鏡
発毛剤を使い始めたときに、顕微鏡で、頭皮の状態をスクショして取っておきましょう。

発毛剤を使い始めて、生え始めるまでの数ヵ月間は、不安しかありませんが、変化が確認できると、このまま続けたら毛が生えてくるんだと、希望が湧いてきます、そして確信し始めます。

ここまでくると、あとはひたすら毎日、塗布するだけ

お家で試す分にはそれほど費用も掛からないので、気長に、楽しみながら、頭髪の状態を観察しましょう!

発毛ネットがおすすめするミノキシジルローション

メディカルアップ
おすすめの理由は、品質はもちろん、初回購入者限定で40%OFFで購入できますし、この値段以下で買える、販売元が有名なミノキシジルローションを私は知りません。使用感や素材感を確かめるために実際に私も使用中。

安心して個人輸入を利用するために

発毛ネットが案内しているAGA治療薬は、安心してお取引のできる個人輸入代行サービスの医薬品にリンクしております。あなたにピッタリ合う、AGA治療薬を今すぐお探しの方は、下にあるリンクより移動されてください。
AGAの進行状況に合わせた薄毛対策
AGA治療薬のベストな組み合わせ

日本皮膚科学会が推奨する成分の入った育毛剤

日本皮膚科学会のAGAに関するガイドラインで、推奨する成分の入った、発毛が期待できる育毛剤。肝機能などに疾患があり、フィナステリドやデュタステリドが服用できない人は、副作用が少ない外用薬がおすすめです。
AGA・FAGAに良い育毛剤

ミノキシジル成分の入った医薬品・発毛剤

ミノキシジル内服薬は強力な発毛効果が期待できる分、副作用も大きいので、服用に関してはすべて自己責任。または、医師への相談の下ご利用ください。
ミノキシジル成分の入った最強薬